saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

【スポンサーリンク】

小学生の花粉症 12歳になったら舌下治療 シダトレン 経過報告

急に暖かくなって、午後になると風の強い日が増えてきました。

我が家では2月中旬から「洗濯物は部屋干し」はじめました(´;ω;`)

今年、花粉症辛い!

f:id:saradakun:20180304224902p:plain

今年も、窓もぴっちり閉めて花粉は微塵も入らないようにしています。

部屋干し、外出時のマスク、花粉防止めがねも装着します。

でも、今年は眼が痒くってくしゃみがとまりません。

花粉飛散量が多いと体が教えてくれます。

 

舌下治療を始めようと思ったきっかけ

大人になると、強風時は外出を控えたりできますが子供はそうはいきません。

強風の中、グラウンドで体育授業があります。

小学生の子供が花粉症状がひどい為、3月の体育授業は教室内で見学の希望をしました。

でも、学校側も「はい、そうですか」と言うわけにもいかない理由が...

・体育の成績がつけられない

・子供がさびしそう

・生徒を一人教室に置いておけない

・養護の先生も忙しい

団体行動の学校では個人の希望はなかなか難しいです。

その結果、お互いになんとな~く妥協?しあって

風の弱い日はマスクをつけて体育をしてみたり

あまりに風の強い日は見学希望を出し、教室で読書感想文書かされたりしてました。

 

11歳の頃、掛かりつけ小児科の先生から

「12歳になったら舌下治療ができますよ」と教えてもらいました。

その頃、なんとなく舌下治療が良いと評判は聞いていました。

 

12歳の10月から舌下治療スタート

f:id:saradakun:20180304235530j:plain


 誕生日を過ぎ、9月のブタクサアレルギーも落ち着き治療を開始しました。

治療の内容は簡単です

まず先生から説明を受け→製薬会社作成のビデオを見ます(結構長い)

その後、クリニック内で1回目の投与をして30分様子見。

(シダのエキスを舌の下に含ませた状態で2分我慢、その後飲み込む)

一週間目、二週間目と徐々に薬の量が増えて三週間目から一定量になります。

そこからが長い、3年間!がんばりましょうヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

毎晩、薬を飲むのは面倒な様子です。

たまに飲み忘れていることもあります。

注意事項として

・激しい運動の後は控える

・お風呂後は控える

とあるので、夜寝る前に飲んでいます。

が、眠さに負けたようでベッドから未開封薬が発見される時があります。

2回や3回じゃありません...。

「飲もうと思ってたんだよぉ~」と言ってました。

 

そんなサボりもありの子供の症状が、今年はすごくいいんです。まず、

・眼が痒いと言わない(視力が悪いので普通のめがねはつけています)

・くしゃみをしない

・鼻をかまない

花粉の時期に毎年飲んでいるクラリチンレディタブ10mgは服用していますが

去年は、眼が痒くて点眼、点鼻、学校に箱ティッシュ持ち込みでした。

 

本人も親も体調いいんじゃない!と実感しています。(*´▽`)

先生から「誰にでも効く治療ではないのですが...」と言われましたが

去年の10月から始めて5ヶ月で我が家は効果がありました。

3年の長い治療もこの体調の良さを考えたらがんばれそうです。

 

将来、中学生になって部活や4月の運動会で(中学は4月運動会が多いです)

子供が辛い思いをしないのは本当にありがたいです。

また、治療費もかからない時期に治せるのもありがたいです。

 

お子様が花粉症で12歳が近ければ舌下治療を考えてみてはいかがでしょう?