saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

【スポンサーリンク】

中学生男子 反抗期 はじめました(息子)

カキ氷はじめました。

冷やし中華はじめました。

 

反抗期はじめました...。(息子)

 

ついに来た!中学男子反抗期

思い起こせば、小学校低学年の頃からチラホラと見えてきた反抗期。

 

衝撃的な言葉を今でも覚えています。

 

「そんなだったらラーメンのおつゆ、かけちゃうぞ!」

 

いつも心優しく大人しかった息子の衝撃の言葉です(゚Д゚)

 

どうして、そんなにイラついてしまったのかは忘れましたがひどく傷ついた事を覚えています。

 

そういえば、幼稚園の頃にも言われたことがあった

 

「お母さんなんか台風のぐるぐるに飛んでいけ!」

 

ひどすぎる(´;Д;`)

 

幼稚園児が最大限の語彙を使って表現した言葉が...

 

傷ついた暗い過去なんですが、言葉を紡ぐとだんだんおかしくなってきました( ,,>з<)

 

今悩んでいることも時間がたてば、そんなこともあったよねぇと笑える日が来るのでしょうか?

 

まず中学生男子(息子)の生態を観察してみる

 

①朝、眠くて起きられない

 

②時間がなくて朝ごはんを食べられない(週1~2)

 

③会話がほとんどない

 

④家に帰ってきた途端、スマホを放さない

 

⑤Nintendo switchとスマホとPC(マイクラ)同時に操る

 

⑥夕ご飯に呼んでも対戦ゲームが終わらないとすぐこれない

 

⑦夕飯はほとんどドリンク、すぐ食べてゲーム再開

 

⑧22時を過ぎてもお風呂に入らず、Youtube見てヘラヘラ

 

→ここで「いい加減、ゲーム辞めてお風呂入りなさい!」

 

⑨ゲームは辞めるが、もぐもぐ(おやつ)タイムをはじめる

 

⑩自室に行き、部活疲れが急に襲いベッドに倒れる

 

⑪そのままお風呂入らず、歯磨かず、パジャマにだけ着替えて寝る

 

→脱いだものそのまま床に放置

 

→「くさいからシャワー浴びて!」で朝シャワーする時もある

 

①に戻る 繰り返し

 

中学生男子(反抗期中)と戦って(話し合って)みることにした

 

中学生男子(息子)「おなか痛いから今日休む」と言い出しました。

 

母はわかっています。

 

①~⑪を繰り返していたら寝不足と部活の疲れでがたたって「極度の睡眠不足」なんだと。

 

一回、現状を把握させて生活態度を改めるいい機会だと思い休ませました。

 

午前中、アホみたいに眠っていました。

 

戦い(話し合い)は午後にします。

 

戦闘(話し合い)開始

①~⑪を次々に指摘し、戦いは母が優勢と思われていました。

 

①~⑪を改め、スマホ関連の機器は10時で終了、11時には就寝と決めました。

 

そろそろ終了と思われたその時、 敵(反抗期中学生男子)が過去の理不尽な扱いに対しての不満を訴えてきました。

 

・自分の意見は聞いてもらえない

・大事にされているとは思えない

・プライドを酷く傷つけられた事が何回もある

 

詳しく聞いてみれば、

・習い事を勝手に辞めさせられた

・習い事を親の勧めで通わされた

・自分がやっていないのに濡れ衣を着せられた

・やめてと言っているのにいつまでも笑われた(母に)

 

親子と言えども、人格は違うので行き違いがあるのですね。

 

こちらが子を思ってしていることでも、子供はそうは思わない。

 

難しいです。

 

最後の言葉が「もう家族とも思ってないし、思いたくもない」でした。

 

Σ(`‐ェ‐´)ヵチーン!!!

 

親も人間ですからいつまでも仏の心ではいられないのです。

 

いつも、裏返って転がっている靴下を拾って洗ってるのは誰だと思ってるんだ!

 

クローゼットから雪崩のようになっていたパジャマを片付けてあげたのは誰だ!

 

卒業式に入学式に役員決め懇談会に部活懇談会でこっちはヘトヘトだ!

 

母、放置はじめます。

 

もう二度と靴下を拾わないことを心に誓いました。

 

今までどれだけ助けてもらっていたか、大事にされていたか思い知ればいい。

 

母、放置はじめました。

 

こうやって親子で自立するのでしょうか?

 

*****************

この記事に対してのブコメありがとうございます。

yyusukekunyyusukekun 昔を思い出しているようでした。あと10年位すると、親のありがたみを感じるんでしょうね。勉強していること・事前に想定していることでも実際は違うと記事をみて思いました。

最近はお互い良い意味で距離を置くようにしています。

10年後にはそんな時もあったねと思えるようになりたいです。

 

あとで読む痛い目みないと分からないでしょうね。 一番良いのは友達など外部から 言われる事でしょうね。 あとは相手の自我を認めつつ 丁寧に人の痛みを分かってもらえるように 話し合いですかね

 

話し合い、冷静にと思っていても感情的になってしまいます。

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント

 

何度も読んでいるのですがもう一回読んで勉強します。

 

心理学とか学べば一発だと思うんだけどな、親と呼ばれる人は一切手に取らないよね。詰まる所、喧嘩して両方が成長する過程を楽しむためにそうしてるんだろうなって。俺は、相手の言ってる事全部理解できるよ

 なるほど、心理学ですね!かぎりなくグレーなADHDな気がするので勉強してみます。