saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

【スポンサーリンク】

女子だって虫取りがしたい! 教えるべきは「catch and release」

f:id:saradakun:20180410114710p:plain娘の学校で課外授業で川沿いの草原を歩き昆虫採取をする体験がありました。

近くに水深が膝下くらいの川があって、昆虫採取にはうってつけです。

 

f:id:saradakun:20180605161033j:plain

 

女子なのに!?意外と愉しかったようです_s(・`ω´・;)ゞ

 

女子だから虫は嫌いでしょ?と思い込んでいましたがそうでもない様子。

そういえば家で虫を見つけて、一番ビビッているのはいつも兄でした(´;Д;`)

 

最近の暑さでだいぶ虫の発生率が高いのを肌で感じる季節になり

(庭の木に害虫が大量発生、先日駆除しました)虫に対しての意見が割れる我が家。

 

f:id:saradakun:20180410233919p:plain兄 → 虫が入るから暑くても窓開けないで!

f:id:saradakun:20180410114710p:plain妹 → 公園に虫取りに行きたい!

 

同じ環境で育てていても違うんですね。

 

f:id:saradakun:20180410114710p:plain娘の為に公園に虫を採りに行きました。

 

蝶だろうが蛾だろうが、広い公園にひらひら飛んでいるとなぜかかわいい。

娘は、颯爽と虫捕り網を担いで走って行きました。

 

虫かごタイプは二つ用意するとbest 虫網の色はカラフルにしよう!

 

・かごタイプ

池田工業社 テレビ型スタンダード

池田工業社 テレビ型スタンダード

 

 

・水槽タイプ

虫かご ワイドミニ 色指定不可

虫かご ワイドミニ 色指定不可

 

 

娘いわく、

「だんご虫とかバッタの赤ちゃんはかごタイプだと脱走するから水槽タイプに入れたい。

蝶はかごがいい」らしいです。

 

 バッタの赤ちゃんやカマキリの赤ちゃんは小さくてもりっぱな姿。

気に入った娘はなぜか自転車かごにいれてサイクリングしてました。

 

・カラフル虫捕り網

 

 

これは、親アドバイス。

広い公園で虫捕りに遠くまで行かれると、どの子が自分の子かわかりませんヾ(´ε`;)ゝ…

虫網は派手にして迷子防止にしましょう。 

 

 

さて、娘は モンシロチョウも三匹捕まえて意気揚々!

さて帰ろうかと言う時に、

 

f:id:saradakun:20180410114710p:plain「連れてかえる、家で飼う」

 

やっぱり...。

 

広い公園でこそ、かわいく見える蝶やバッタ。

家の玄関で飼ったところでキモチワ...いえいえかわいそうです。

 

そこで、教えるべきは「catch and release」\_( ゚ロ゚)

 

虫さん、今日は遊んでくれてありがとう。

家に連れて帰りたいけど、公園を離れると長くは生きられないよね、だからさようなら。また遊んでね!

 

最初、releaseが伝わらず「家でreleaseする!」と間違って解釈し背筋がぞっとなりましたが公園でreleaseを納得してくれました。

よかった。