saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

カットとカラーで4時間かかった! おしゃれでイケメン美容師さんだけど全く話が合わず辛かった話

4か月ぶりに美容院に行きました。

随分、美容院に行かなかったので「セミロング」→「ロング」になったサラダです。

 

 

・美容師さんっていつも若くてセンスがあってお洒落でカッコイイ...接客のプロって感じなのに行くのが楽しくない

 

 

・美容院って2~3時間かかるから時間の捻出に苦労する

 

・予算¥10000って決めてるのに、3000円のトリートメント突然勧められて断れなくて1万5000とかかかっちゃう...

 

あなたは、こんな風に思ったことはありませんか?

 

私、ず~~~っと美容室って敷居が高くて緊張しちゃうなって思ってました。

だって、ガラスのドアの向こうってめっちゃリア充なキラキラな雰囲気で美容師さんとの会話も合うか心配で。

 

 

でも今回、美容院で4時間おしゃれ美容師さんと過ごしてみて

「あ、美容師さんってお洒落営業マンじゃなくて寡黙職人なんだな...」

って気が付きました。

 

会話が弾まないのは私のせいじゃなくない? 

美容師(職人)さんのトークが面白くない...?

 

今回は、その経緯を報告したいと思います。

 

 

 

 

美容師さんとは緊張するから会話が弾まないと思っていたけど違ったみたい。そもそもおしゃれ&イケメン美容師さんほど職人気質でトークが盛り上がらない人が多かった

 

私、昔からイケメン苦手なんです。

もっぱら鑑賞専用で、話すのって緊張しちゃいます。

 

美容院ってマンツーマン対応だから逃げ場がないし、ちょっと気が合いそうな美容師さんはそれなりに実績のある人で指名すると指名料¥1000とかかっちゃう。

 

そこは、専業主婦の「節約」モードが発動するので指名なしのフリー予約すると毎回違う美容師さんに担当してもらうことになります。

 

行くたびに、タイプの違うイケメン美容師さんが担当してくれます。

数人、女性の美容師さんもいますけど指名客が多くて私の担当にはなってくれません。

 

せめて女性のお母さん美容師なら子供の話で盛り上がれるんですが、担当してくれるのは悲しいことに毎回独身のイケメン美容師さん。

 

でも、最初は毎回緊張しながらも

「カッコイ~!お洒落~!」

と感動もします。

 

でも、一言二言お話してみて

「辛い、会話が続かない...」

という結論に至ります。

 

なぜだ...。

 

 

会話が「辛いな...」って思った理由

 

営業経験も少しある私ですが、The 接客の代表「美容師さん」

きっとすごい人なんだと見る目もバイアスがかかってました。

 

そんな時にとある一言

「今日はお仕事お休みですか?」

この会話で私に接客する美容師さんは大抵「辛いタイプ」ってことに気づいたんです...!

 

・平日の11時にネット予約

・ちょっと伸びちゃったロング

 

これで「お仕事休みの人」より「主婦かも?」を検知できないのは社会経験のストライクゾーンの狭さにあるという結論に至りました。

 

「今日はお仕事お休みですか?」

を言われると、専業主婦は辛いんです。

 

「おしゃれ」に敏感な美容師さんと、「ガジェット」に興味がある私との接点がまったくなかった

 

お互い大人ですし、沈黙は辛いので無難な会話を試みます。

 

「美容師さんはみなさん、おしゃれですよね~!お洋服とかどこで買うんですか?」

とこちらが「会話のボール」を投げてみます。

 

「気に入った店に行きますね、周りに流されるの嫌なんで俺流を探します」

「みんながAを選ぶなら、Bを選ぶかんじですかね」

 

 

同じ内容を二回繰り返して説明されても...,。

 

 

「美容師さんはお忙しいからネットとかで買うんですか?」

「俺、ネット通販利用したことないんですよ。あれ便利みたいですね」

「...。」

 

お洒落、イケメン美容師さんなのにネット利用なし。

よくよく聞くとクレジットカードを一枚も持っていないとか...。

suicaは現金チャージだと自慢してました。

 

若いんだからイケメンなんだから(バイアスですかね(-ω-;))、もっとアプリとかお勧めの洋服のお店とかお得なポイントサイトとか知ってると思ってた...。

 

情報量が少なすぎ...。

このお店に限ってかもしれませんが、美容師さんは最新の情報に弱い。

 

パーマの持ち期間とか、カラーの色味とか、カットの方法は熱く語ってくれました。

がっつり職人さんなんです。

 

一つを極める、それが職人さんなので素晴らしいことだと思います。

もう会話とかどうでもいいからそれを誇りに貫けばいいですよね。

 

会話はいいからほっといて

 

もう、気を遣って会話を振るのも疲れるので黙って動画を見始めると

「何か楽しいのやってますか?」って。

 

私、遅ればせながらNetflixで東京喰種に目覚めたので見てたんです。

「東京喰種みてます」

「何ですか?それ?」

 

知らないんだ。

だったら説明するのも面倒だからほっといてくれないかな...。

とは言えないので

「えーっと、人間界に潜んでいる人間の姿形と同じに見える怪人の喰種が人を食べるんです」

「...へー」

 

興味なかったみたい...。

 

 

結局1時間オーバーで4時間かかって、気を遣って疲れました。

ネット予約の時に

あまり話しかけないでください みたいな選択肢が欲しい。

 

当分、行きたくない...。