saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

【スポンサーリンク】

その保険に入らないとあなたの生活は破綻しますか?

無料マネーセミナーに計2社、個人相談に4回行って気が付いた@Sarada19233018サラダです。

 

無料マネーセミナー講師に勧められた資産運用

 

・個人年金(外貨建て)

・一時払い終身保険(米ドル、豪ドル)

・変額終身保険(外貨建て)

 

そうです、全て保険商品。なぜならば

マネーセミナーの運用会社は保険代理店だから。

 

なぜ、外貨建て商品が多いのか?

ー外資系会社の商品だから

 

なぜ、外資系商品を扱うのか?

ー代理店手数料が高いから

 

結局、みんなサラリーマンですし毎月ノルマをこなしてお給料を貰わないといけない。

 

無料マネーセミナーが開催される理由

ピンポーン「〇〇生命保険のものですが」こんな突然の訪問の経験はありませんか?

 

子供を連れて公園で遊んでいると声をかけられる会社

・コープ

・生命保険

・ヨシケイ

かなりの頻度で声をかけられました。

 

回避策としては

・「もう、加入してます」

・「親戚が保険会社に勤めているので」

でばっちりです。

みなさん「あ~ (≡人≡;)」といってさっと帰ってくれました。

 

この経験でわかりますが、保険を代理店に足を運んで買おうという人は少ないはずです。そのため保険のおばちゃんが近所を営業で回るのです。

 

保険のおばちゃんは「いっしょに働きませんか?」とも誘います。

パートで入った人の時給より、その人の親戚関係を保険に加入させたほうが率がいいという手口。

うまいですね。

 

無料マネーセミナーは

 

最初、保険代理店とはわかりません。

個人相談までして「あー保険代理店か」と気づきます。

 

無料なのに

・スイーツがついたり

・セミナー開催場所がホテルだったり

・お土産がついたり

・みんな優しくて丁寧

・無料個人相談までついてくる

 

そんな夢のような話はないですよね。

全部、手数料に入ってるんですよ。

 

生命保険は「入るほど損」?!

生命保険は「入るほど損」?!

 

 

この本を読んで勉強しました。

 

それでも、セミナー講師はプロです。

 

私が担当してもらった講師は二人とも「役者型」でした。

技術的側面を駆使して技で勝負のタイプ。

 

その人の不安や問題に寄り添い、その人の意見に寄り添い背中を押してあげる。

相手にあわせてパターンを変えてくる。

 

一人目の講師は、「全部持ち帰って主人にプレゼンテーションしてきます」の私の言葉で無理と悟ったのか「旦那さんが最初からくればよかったのに」とテンションが明らかに下がっていました。

 

二人目の講師は、自身が癌経験者だったので細かい質問も具体的に答えてくれました。今の保険じゃ不安でしょ?をさりげなく煽る作戦で。

 

なぜ個人相談に参加したか?また積極的に参加できたのか?

 

・無料セミナーのカラクリが知りたかったし、セミナー内容を聞いて興味があった。

・お勧めされた保険を正確に検討してくれる我が家専属のCFPがいるから。(なんと!私の義父がCFPで元保険会社勤め)セカンドオピニオンですね。

 

そのCFP義父の言葉が

「その保険に入らないとあなたの生活は破綻しますか?」です。

 

本の著者 後田亨 さんの言葉は

「おすすめは保険がもらいにくい保険」です。

 

二人に共通することろを感じました。

 

お手本は「自動車保険」の入り方

 

人や物に損害を与えた時の賠償責任に関する保険金額を「無制限」に設定

車自体を対象とした「車両保険」には加入しない人もしくは金額を設定して加入。

 

それは、臨時出費としては大きいけれども自分でだせない額ではないという理由。

 

頻発はしないが、巨額のお金が必要になる事態にはしっかり保険で備える。

 

そのかわり、車が傷つくような発生しがちであっても自己資金で対応できそうなら保険に加入しない。

 

保険負担を抑える。

 

これが我が家の方針になりました。

 

 過去、セミナー直後に書いたブログがこちら

www.saradakun.net

www.saradakun.net

 

www.saradakun.net

www.saradakun.net

 

 だいぶ洗脳されてて自分でも怖いです。

気が付いてよかった。