saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

【スポンサーリンク】

子どもの忘れ物 必ず忘れない対策を伝授します!(小中学生ママ・パパ必見)

子どもってどうしてあんなに忘れ物が多いんでしょう(´;Д;`)

 

男の子は忘れ物の王様。

しっかり女子も意外とやらかしてます。

 

f:id:saradakun:20180525225329j:plain

 

そんな子供達の「忘れ物」をなくす対策は!

 

【放課後の子供生活編】\_(´∀`★)

習い事の場合

筆箱を忘れた、教科書が入っていなかった

 

細かい忘れ物です。

でも、ないと困りますよね。それを

 

必ず!忘れないようにできる対策があります。

その1

それは「個別対応バック&筆箱」

 

例えば

学習塾、「月曜日・国語」 「木曜日・算数」 と教科が違う場合

・月曜日の「国語専用バックと国語専用筆箱」を準備

・木曜日の「算数専用バックと算数専用筆箱」を準備

 

子供は教科書を入れ替えたり、筆箱をランドセルから入れ替えたりはできません!

そもそも、嫌々行く塾などは準備も適当ですから。

 

教科書も筆箱も入れっぱなし!

出さないから、忘れないヾ(≧∀≦*)ノ〃

 

宿題があれば

→バックからだして

→宿題をして

→それを全部バックに戻す

 

ばっちりです。

 

公文だって、ドラゼミだって、スイミングだって専用のバックをもらえます。

個別バックは忘れ物防止の役に立っていたんですね!

 

我が家の場合

 

・塾リュック(数学)

・塾リュック(国語・英語)

・肩掛け遊びバック

・おばあちゃん宅一泊対応リュック

・スイミングバック

・三泊対応可、林間学校対策リュック

 

 

これだけあります。

あれだけ忘れ物の王様だった息子が、個別バックを用意しただけで忘れなくなりました。お勧めです!

 

デメリット

バックだのリュックだのが増えて...収納場所に困る。

 

これだけリュックの数が増えると収納も困ります。

でも、収納すると子供は取り出しに億劫がるので

・手の届くところ

・いつも見える場所に保管

が理想です。

 

お勧めは、無印良品 壁に付けられる家具・3連ハンガーの二個使い!

 上下に2個付けてバック六個まで対応可能。

 

または大人っぽく

 

どーんとパネルラダーダックを使っても使いやすいです。

 

その2

遊びの場合

自転車の鍵を失くした(゚Д゚;)

 

これは、親も子供も一大事です!

公園で失くした、児童館でなくした、学校で失くした(ノω<;)

 

泣きながら帰ってくる子供

スペアキーを持って一緒に自転車を取りに行く

親子でぐったり

 

スペアキーがあればいいけど、なかったら?

考えると怖いですね。

 

こんな経験、親なら誰でもありますね。

私も何回経験したことか...。

 

でもこんな無駄な経験をするまえに対策を打ちましょう!

 

ナンバー式自転車鍵に交換で紛失知らず

 

子供があんな小さい自転車の鍵をなくさないわけがないんです。

鈴をつけたって無駄。名前を書くのもダメ!(最近は自転車や自転車鍵に名前を書くのも安全上不安です。)

 

自転車を購入した時点で、鍵をナンバー式に取り替えましょう。

GORIN(ゴリン) ボタン式リング錠 GR-520 SL

GORIN(ゴリン) ボタン式リング錠 GR-520 SL

 

お値段もそんなに高くないです。1500円程度。

購入時なら取り付け料金はサービスしてくれることが多いです。

 

紛失の危険を回避するのに先行投資は必須。

鍵が取り付け型なら、失くす心配はありません!

 

ぜひお試しください(*´ェ`*)