saradaのブログ

子育てと家電デジタル化と資産運用のあれこれ

これでもう失敗しない! 新学期の教室で初対面の人ともうまくいく方法はコレ!

新入社員の方々のtwitterを読む回数が増えました。

もう四月です、学生さんは新学期です。

 

f:id:saradakun:20180403003254p:plain

新しい学校で、新しい校舎で、新しいクラスで緊張する。

何を話したらいいかわからない、きまずい...。

を!新学期前の今、イメージトレーニングでスキルを身に着けておきましょう!

 

 

そのスキルとは「雑談力!」

 

会話を利用して場の空気を生み出す技術。

場の空気をつかみ、相手との距離を縮め、絶妙な声かけ。

 

そんな技術を巧みに操るスペシャリストがあなたのすぐそばにいるはずです。

そう、そのスペシャリストとは「おばちゃん」です。

あなたのお母さんです。

 

スペシャリスト(おばちゃん)のすごさ?

 

・圧倒的なコミュニケーション力(会話力は必要ない)

・「中身がない話」に意味がある

・知らない人でも、年上の人でも、顔見知り程度の人でもすぐ気軽に打ち解ける、とっても楽しそう

 

実はこの技術の中に

自身の人間性とか人格とか社会性が凝縮されていて、

会話の相手は無意識のうちにこの人にちかづいていいのかどうかを瞬時に判断しています。

 

自分の母親に条件を当てはめてみる

 

・圧倒的なコミュニケーション力 〇

・「中身がない話」◎

・知らない人でも、年上の人でも、顔見知り程度の人でもすぐ気軽に打ち解ける ◎

・とっても楽しそう ◎

 

ほぼ条件はそろっています( ̄m ̄〃)

 

おばちゃんは無意識に日々努力している

 

 

おばちゃん(母親)は、

・自分をよく見せよう

・この場で自分を評価してもらおう

という意識はありません。

 

子供が近所でうまくなじめるように、家族が楽しく暮らせるように。

自分本位で行動をしない事こそが成功のコツです。

 

自分が【初心者おばちゃん 】になったつもりで振舞ってみましょう。

 

 

新学期に向けてお子様たちへのアドバイス

 

何を話しかければいいかわからない...。

そんな時は、とりあえず褒めるのが有効!

目に見えているところをなんとなくほめる。

 

中学生、高校生には「このシャーペン使いやすそうだね」

このフレーズをお勧めします。

 

文房具って学生は誰でも持っていますし、

「使いやすそう」は女子にも男子にも有効。

 

 

新社会人の方に向けてのアドバイス

社会人には身に着けているネクタイの柄、時計などの小物から話を膨らませるとさりげなくていいですね、あまり面積の広いもの(スーツ、車、バック)はあからさまにお世辞に受け取られますから。

 

 

もっともっーと雑談力をつけたい方はお母さんを観察するか、

こちらの本がお勧めです。